コチレドンいろいろ
| 多肉植物(コチレドン) |
釣鐘型の花が特徴のコチレドン属を3品種育てています。
葉は品種ごとに多様で生育は緩やか。
夏は動きがありませんが秋から春にかけて生育するので、室内の窓辺で管理していました。



福娘

福娘 コチレドン属 03.08
挿し木苗を育て始めて2年以上経過してると思いますが、生育がゆっくりなのでやっとここまで成長したか〜というのが率直な感想です。
冬も成長するとは知らず昨冬は寒い環境に置いたために、生育はストップし葉も痛んで傷がつくしで散々な結果に終わりました。
今冬は早々室内に移動したところ、鈍いながらも生育し葉も良い状態で越せました。


福娘

厚みのある細長い葉のエッジを赤黒く縁取ってます。
株全体はすっきりとした印象です。




ふっくら娘

ふっくら娘 コチレドン属 03.08
福娘を圧縮したような丸みを帯びた葉と、ずんぐりむっくりな樹形が可愛らしいです。
こちらも挿し木から2年以上経過してると思いますが、福娘よりさらに生育は緩慢でなかなか大きくなりません。


ふっくら娘

葉は福娘より青みが強く、粉も多く乗っています。
今まで茎が伸びず詰まったようになり葉と葉もギュウギュウでしたが、近頃は茎が伸び出してきました。




ティンカーベル

ティンカーベル コチレドン属 03.08
釣鐘型のオレンジの花が葉の間から覗いています。
花も粉をまとい、カールした花弁が可愛い(*´ー`*)
クレマチスにも似てますね〜。


ティンカーベル

が、花はほんの少し…(´・ω・`)
前回は花後強く切り戻したのがいけなかったのか、新芽は伸びるのですが花芽はご覧の通り。。。
今年は剪定せずにこのまま伸ばしてみようと思います。
葉だけでも清涼感があって素敵ですが、やっぱりこの品種は花を楽しみたいです。



カランコエいろいろ
| 多肉植物(カランコエ) |
日が高くなり、軒下に置いている多肉鉢は奥の方に日が届かなくなってきました。
冬の間はじっとしていた多肉も、成長期に入ったようです。





月兎耳? カランコエ属 03.08
昨年は寒さで葉が痛んでしまい、葉先が欠けてしまいました。
今年こそは早めに屋内へと思いつつも、寒さに当ててしまいまた葉が痛んでしまいました。
欠けはしなかったのですが、変色した箇所がチラホラ^^;
生育が緩慢なのでなかなか葉が入れ替わらないです。






黒兎? カランコエ属 03.08
昨冬の寒さで葉や根が痛み、挿し木で更新したのですがまだ小さい株のままです。
うまく育てられなくて苦戦しています。



ゴールデンラビット

ゴールデンラビット カランコエ属 03.08
色が違うだけで黒兎?に非常に似ています。
子株が大きくなってきましたが生育はゆっくりです。




白銀の舞

白銀の舞 カランコエ属 03.08
白粉がたっぷり乗った葉や茎にピンクの小花が可愛らしいです。
多肉では水を欲しがる種類ですが、そんなこととはつゆ知らず夏の間ほかの多肉と同様ほとんど水やりをしませんでした。
その結果あまり大きくならず、ちょっと花が少ないですね。。。
茎がひょろ長くて倒れやすいのをどうにかしたい。




仙人の舞

仙人の舞 カランコエ属 03.09
葉とは思えない特異な色です。
写真では茶色に見えますが、キラキラしているのでブロンズ色と表現したほうがよさそうです。
生育は非常にゆっくりです。


仙人の舞

規則正しく葉が並んでいます。
葉の表面は少しザラザラしていて、ブロンズ色の粉が取れます。
なぜこんな色になったのでしょう…不思議です。


シルバースプーン

シルバースプーン カランコエ属 03.09
スッと伸びた茎から枝分かれしてきました。
現在樹高は30cmほどで、購入時から随分と伸びました。


シルバースプーン

葉は粉が薄く乗っていて、多肉らしく厚みがあります。
若いうちはうっすら葉脈が浮き出て葉っぱぽいのですが、次第にフェルトのような柔らかい質感になります。
結構大きくなりそう。




寒さに弱いので現在も室内の日当たりの良い場所で管理しています。
2鉢ともすっきりとしたフォルムで、冬の窓辺を彩るのに重宝しています。